講師紹介

山田くるみ

山田くるみ 4歳よりバレエをはじめる。
16歳の時、バレエアートでレッスンの仕方により筋肉のつき方を変えられると指導を受ける。
18歳でバレエバロンに所属。西田三重子先生に師事。並行して、日本女子体育大学・舞踊科へ。
卒業後、バレエバロン公演やサンデーパフォーマンスなど、他の公演にも参加。
23歳の時、コンテンポラリーを学ぶため、ホセ・ブラウン氏の元でマーサグラハムシステムやホートンテクニックを学び公演に参加。
NY留学で、フロアーバーなど、バレエのための筋肉のつけ方を学び、帰国後スタジオを開講。東戸塚、蒲田にてレッスンを、行っている。

中尾充宏

中尾充宏 越智インターナショナルでバレエを始める
91年小川亜矢子氏に師事
93年漆原宏樹氏に師事
以降井上バレエ団 バレエシャンブルウエスト 谷バレエ団また日本バレエ協会の公演に出演

また埼玉バレエファンタジー 神奈川赤レンガでの創作公演 マンナバレエ団等で様々な作品を創作している
またブレインジム101インストラクター シナプソロジーアドバンスインストラクター 氣アラインメントマスタープラクティショナーとしても活動 心と身体のバランス
また感情と身体のバランスをとることにもアプローチしている

中村麻弥

中村麻弥 7歳より仙台にてバレエを始める
1989年小林紀子バレエアカデミーに入学
1990年小林紀子バレエシアター公演「くるみ割り人形」にてクララを踊る
1994年R.A.D.上級検定試験に合格。R.A.D.アデリンジェニー国際バレエコンクール、ファイナリスト
1995年小林紀子バレエシアターに入団。以後、全公演に出演。R.A.D.創立75周年日本代表スカラシップを獲得。
1998年日本バレエフェスティバル「レ・パティヌール」に出演。
2000年埼玉全国舞踊コンクールにて読売新聞社賞を受賞。
日本バレエ協会公演にソリストとして出演。
シアター公演では「眠りの森の美女」のブルーバード、「ソリテイル」のポルカガール、「レ・パティヌール」のブルーガール等を踊る。
2010年バレエ団を退団。

倉持志保里

kuramochi 3歳より、渡辺珠美バレエスタジオにてクラシックバレエを始める。
その後、由井カナコバレエ研究所にて由井カナコに師事。
2002年 英国EnglishNationalBalletSchoolに留学。
帰国後、小林紀子バレエアカデミー入学。
2004年 小林紀子バレエ・シアター入団。
以降、団員として全ての公演に出演、文化庁による次世代を担う育成事業のツアー公演に参加。

山田智都

chisato